logo
Home

ハードウェア仮想化ソフトウェアを実行する

Vista Virtual PrototypingとSourcery CodeBench Virtual Editionを統合したIDE環境には、独自の非侵襲的なトレース手法があります。これにより、ソフトウェアエンジニアがイメージを再コンパイルしたり、実行時の動作に影響を与えたりすることなく、ソフトウェア実行をさまざまな角度からデバッグ、プロファイリング、カバレッジ収集できます。VPの性能や消費電力に関するさまざまな指標を解析できるプロファイリングトレース機能もあります。これらの指標はプラットフォームのハードウェア属性とプラットフォームのコアおよびCPU上で動作する組込みソフトウェアの両方から影響を受けます。ソフトウェアの解析ビューには、ポート、バス、サブシステムの平均的なレイテンシ、スループット、使用率も表示されるため、ソフトウェアを最適化しデバイス性能を向上させることができます。プラットフォームの動的/静的消費電力を表示することで、消費電力の推定とアプリケーションソフトウェアとハードウェアを制御するソフトウェアの最適化が可能となり、消費電力と熱の発生を抑えてバッテリ寿命を延ばすことができます。 Sourcery CodeBench Virtual Editionに付属のMentor Embedded Sourcery Analyzer経由でハードウェアとソフトウェアの解析結果を同時に表示させると、ベアメタル、RTOS、Linuxのソフトウェア解析に役立ちます。Sourcery CodeBench Virtual ハードウェア仮想化ソフトウェアを実行する ハードウェア仮想化ソフトウェアを実行する EditionはVista VP上で稼働しているシングル/マルチコアCPUのデータをハードウェアのトレースデータと統合することも、解析エージェントを活用することも可能です。解析エージェントは、ソフトウェアエンジニアに最も必要とされる解析表示ニーズに応えた直観的で使用頻度の高いシステム解析/可視化ユーティリティです。例えばCPUステート、ファイルシステムアクティビティ、関数呼出しとプロセスやスレッドのステートなどの各種統計データを表示できます。これらの統計データとレジスタ値、ソケットレイテンシ、スループット、トランザクションの値、キャッシュのヒット率/ミス率や消費電力などのハードウェア属性データを参照して、ソフトウェアの動作が最終製品の機能、性能、消. れる。仮想化ソフトウェアとは、一つのハードウェアで複数の仮想マシンを実行する機能を実現するソフトウェ アで、ハードウェアのパフォーマンスの低下を最小限に抑えつつ、複数のオペレーティングシステムを一つの. More ハードウェア仮想化ソフトウェアを実行する videos.

もともとインテル・アーキテクチャ(IA:x86プロセッサ)上の仮想化はソフトウェア・エミュレーションをベースにしたものであった。プロセッサがハードウェアで処理することをソフトウェアによって実行するため、仮想化によるオーバーヘッドは無視できないものとなっていた。特にデバイス、OSカーネル、アプリケーションとの間でデータの処理が行われるI/O処理でそのオーバーヘッドは顕著であった。オーバーヘッドを低減するために、VMwareのバイナリ・トランスレーションのように、ゲストOSからの命令をVMMでキャプチャ/変換し、VMM内で複数の処理をまとめるなどして高速化を図る技術もある。しかしながらその実現には、技術的に高度な多くの独自ノウハウが必要であった。またXen(XenSource、現Citrix SystemsのVMM)では、ゲストのOSカーネルを仮想化向けに変更を加える準仮想化(para-virtualization)によって仮想化のオーバーヘッドを削減する手法が提案されて広く受け入れられた。だが、すべてのOSカーネルをXenの仮想化用に変更できるわけではないため、ゲストOSとして使える対象に制限があった(Windowsには対応できなかった)。. 代理実行 仮想化 ソフトウェア ロセッサ 従来のソフトウェアのみによる仮想化 対応の仮想化 仮想化 対応 プロセッサ インターセプト 特権命令を に処理を戻す 元来メインフレームの世界で利用されていた仮想化が, 近年VMware や,Xen 等の仮想化. 仮想化は、ハードウェアの機能をソフトウェアで再現し、仮想コンピューティング システムを構築する技術です。仮想化を利用すると、it 部門は 1 台のサーバ上で複数の仮想システム、および複数のオペレーティング システムやアプリケーションを実行. Microsoft Exchange の仮想化によるパフォーマンスの向上. ここ数年でサーバー仮想化は一般的な技術としてよく使われるようになりました。そんな中、IoTやビッグデータの登場によって、サーバーにはより高い処理能力が求められていくものと考えられます。 一方サーバー仮想化の技術においても、仮想マシンを作る必要がなく現時点でよく使われているハイパーバイザー型よりリソース効率の高いコンテナなどの新技術が広まっていくでしょう。. そのような状況の中、仮想化をハードウェアから支援する技術として年にインテルから発表されたのがVT-xである。VT-xを説明するために、まず簡単にインテル・マイクロプロセッサのリング構造について説明しておく。 インテル・アーキテクチャでは、4種類の特権レベルを設定することができる。Ring 0が最も特権レベルが高く、あらゆる命令を実行し、あらゆるリソースにアクセスできる。これに対し、Ring 3は最も特権レベルが低く、実行できる命令やリソースに制限がある。一般的にユーザー・アプリケーションはRing 3上で実行される。通常はRing 0とRing 3の2種類のみが用いられており、図1のようにRing 0にOSカーネルやドライバが割り当てられ、ユーザー・アプリケーションはRing 3で実行されるのが一般的である。OSの機能(API)を呼び出したり、割り当てられたアドレス空間以外へのアクセスなどを行ったりすると、トラップ(捕捉)されて、制御がRing 0へ移る。これにより、(ほかのアプリケーションによってメモリ領域が書き換えられるといった)不正な干渉/行為からアプリケーション同士を保護/隔離している。 VT-x登場以前のVMMは、図2のようにゲストのOSがRing 1に置かれるアプローチが採用された。これは、複数のOSがハードウェアを実行するに当たり、それぞれをRing 0で動作させると、ほかのOSの知らないところで特権命令が発行されることになり、不整合が生じるためだ。ゲストのOSに改変を加えられるかどうかで実装のアプローチは異なるが、前述のように従来の手法ではさまざまな課題を抱えていた。 VMMは特権モードを利用するため、Ring 0に置かれる。そしてゲストOSのカーネルはそれより特権レベルが低いRing 1に配置される。ゲストOSのカーネル中で特権命令を実行しようとするとトラップされ、VMMで処理(エミュレーション)されるが、そのオーバーヘッドは少なくない。またx86の命令セット・アーキテクチャの仕様上、本来ならばVMMで処理しなければならないいくつかの命令がトラップできず、そのまま実行されてしまうものがある(例えば、セグメント・レジスタの値を読み出すMOV命令やステータス・フラグの状態を保存するPUSHF命令を実行すると、現在の「真の」特権レベルなどの. 電子機器の処理高速化には、ハードウェア化が有効です。 では、どのようにして、ソフトウェアの一部をlsi(fpgaやasic)にすればよいのでしょう。.

ハードウェア仮想化ソフトウェアを実行する ソフトウェアによっては、仮想スイッチとも呼ばれる。 概要 編集 レイヤ2におけるイーサネットフレームのスイッチング処理は、通常ハードウェアで実行される。これをソフトウェアで仮想化して同等に実行することで、仮想的なEthernetセグメントを. VMware vSphere 上で Microsoft Exchange を実行すると、効率性、可用性、耐障害性、俊敏性が向上するだけでなく、高い統合率と集約度、リソース使用の最適化によるコスト削減のメリットが得られます。. するために、仮想マシン(VM)の vCPU、vRAM、vDisk、またはvNICを 変更する必要がある場合は、この手順を 使用します。 仮想化ソフトウェアの変更 2 仮想化ソフトウェアの変更 仮想マシン設定タスク.

LinuxといったOSの上で仮想化ソフトを実行し、そこで仮想マシンを作成して実行す る「ホストOS型」と、ハードウェアのBIOSから直接仮想化ソフトを起動して、その 上で仮想マシンを実行する「ハイパーバイザ型」がある。 ハイパーバイザ型 3 仮想サーバの構築. 一般的な仮想化のシナリオは次のようになります。ある企業が、それぞれ異なる目的を持つ3つの物理サーバーを保有しているとします。1台はWebトラフィックをサポートするもの、1台は電子メールをサポートするもの、1台は業務アプリケーションをサポートするものであるとします。各物理サーバーはそれぞれ専用の目的にのみ使用されるため、この企業は、これら3台のサーバーのメンテナンス費用を全額支払っているにもかかわらず、各サーバーが持つコンピューティング能力の3分の1しか利用していないことになります。 仮想化を使用して、1台のサーバーで2台の仮想マシンを実行することで、サーバーのメンテナンス費用を33%削減できます。これは、1台のサーバーで電子メールとWebトラフィックを処理し、もう1台ではすべての業務アプリケーションを処理し、3台目はコストを減らすために利用を中止するか、または別のITサービスのために利用することを意味します。. 仮想化はハイパーバイザーを使用して、物理サーバーから仮想マシンを作成することで、物理サーバーの持つコンピューティング能力、アプリケーション、ストレージを仮想環境で利用できるようにします。 2.

ワークスペースの仮想化は、アプリケーション仮想化に基づいており、複数のアプリケーションを単一の統合デジタルワークスペースへとバンドルするものです。これは、仮想マシン上のコンピューティングワークスペース全体をシミュレートすることにより、ユーザーのアプリケーションが物理マシン上の場合と同じ方法で対話できるようにします。たとえば、ワークスペースの仮想化を行うと、ユーザーはスプレッドシートをワードプロセッサ文書に埋め込むことができるようになります。通常のアプリケーション仮想化では、個々のアプリケーションが別々の仮想化されるため、アプリケーション同士は対話できません。 また、ワークスペースの仮想化を行うと、ユーザーは、各自に固有の設定やデータを、仮想化されたワークスペース内で維持できます。これは、各ユーザーが、仮想化されたワークスペースを、物理マシンを使う場合と同じ方法でカスタマイズできることを意味します。また、ユーザーは、各自のユニークなワークスペースを、すべてのアプリケーションとデータを保持したままで、別のオペレーティングシステムやマシンへと移動できます。これにより、ユーザーは自分が選んだデバイスを使って、自分の仕事に必要となるアプリケーションやデータに対してより柔軟にアクセスできるようになります。. Windows 10では、仮想化プラットフォーム「Hyper-V」をサポートしている。しかしデフォルトでは有効化されていない。そこで、本稿でHyper-Vを有効化. 一部のサードパーティ企業にも、この機能を提供するソフトウェアがあります。 この記事では、Microsoft がマイクロソフト以外のハードウェア仮想化ソフトウェアで実行した場合に、ソフトウェアに対して Microsoft が提供するサポートについて説明します。 詳細. かつてIntelがvProを発表した際にも、ハードウェアレベルでの仮想化支援機構を活用し、本来のOSとは独立した形でセキュリティソフトを実行する. 前述の通り, kvmはcpuの仮想化支援技術を利用しているので, inte vtやamd-vといった仮想化支援機能に対応したcpuと, それらの機能を有効にできるbiosが必要となります。. また、仮想化ソフトウェア以外にもリソースがあればアプリケーションを実行することができます。 仮想マシンの種類3:ハイパーバイザー型 ハイパーバイザー型の仮想マシンは物理マシンにハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアをインストールする方法. ESXi は、仮想マシンが仮想化のハードウェア サポートが必要かどうかを判断できます。ESXi は、プロセッサ タイプと仮想マシンに基づいて判断します。自動で選択したものをオーバーライドすると、パフォーマンスを向上できる場合があります。.

あらゆるソフトウェアを仮想化できますが、今日の傾向はオペレーティングシステムの仮想化からアプリケーションの仮想化に移行することです。 また、このソフトウェアは各ハードウェア上で異なる実行を持つので理想的だと思うので、いくつかの指示を. これらの仮想リソースは、中央にある場所にまとめてプーリングされます。この場所には、他のコンピューターがネットワーク経由でアクセスできます。この中央にあるリソースプールのことを「クラウド」と呼びます。 3. 最終製品のボードやハードウェアプロトタイプと同等以上の機能を備えたVPを使用することにより、ハードウェアと一体化したソフトウェアの開発、統合、妥当性確認が可能です。Vista ハードウェア仮想化ソフトウェアを実行する Virtual Prototypingは、いずれ最終製品上で実行される実ソフトウェアを一貫してデターミニスティックに実行できるだけでなく、ベアメタルモードやLinux、Android、NucleusなどのOS上で動作するUI、アプリケーションスタック、ミドルウェア、ファームウェア、ドライバをサポートしています。またSourcery CodeBenchと一体化したIDE環境のもとでメンター・グラフィックスの組込みランタイムプラットフォームと緊密に連携させることができます。連携可能なプラットフォームにはMentor Embedded Linux開発プラットフォームとNucleus RTOS(リアルタイムオペレーティングシステム)があります。Linuxカーネルの構築や数秒以内のOSブートを可能にする機能とメソドロジが用意されています。 ホストワークステーションにつないだ端末やディスプレイなどの物理デバイスをVista Virtual Prototypingに接続することにより、ソフトウェアエンジニアがVPを制御できます。さらにホストワークステーションをUSBやイーサネットに接続すると、仮想モデルを現実に近い環境条件で実行することもできます。セミホスティングを使用すると、メッセージや現在のシミュレーション時間の画面印字、およびエラーメッセージのバーバシティの設定が可能です。また、プロトタイプの動作に影響を与えずにシミュレーション速度への影響も最小限に抑えてハードウェアの可視化やプロファイリングを行う機能も備わっています。. 仮想化技術 ハードウェアを仮想化して複数のosを同一のハード ウェアで動作させるという技術そのものは新しいわけでは ありません.メインフレーム(汎用大型コンピュータ)にお いては1960年代よりibm社が先駆的に研究と開発を進め. ハードウェア仮想化ソフトウェアを実行する VistaのVPは、Vista内に構築したTLM(トランザクションレベルモデリング)プラットフォームで作成されるシミュレーション実行可能プログラムです。LinuxおよびWindowsのワークステーション上で実行可能なVPは自動的に作成されます。VistaのVPはスタンドアロンの実行可能プログラムであるため、コマンドラインから実行することも、メンター・グラフィックスのSourcery CodeBench Virtual EditionのIDE環境から起動することもできます。多くの組込みソフトウェアエンジニアに選ばれているSourcery CodeBenchは、接続するハードウェアモデルが異なっても一貫性のある統合開発環境(IDE)とユーザエクスペリエンスを提供します。ハードウェアモデルとしては、Vistaの純粋なVPモデルからVeloceでエミュレーション可能なRTLモデル、実機ボードモデル、またはその中間的なものまでさまざまな種類に対応しています。 バーチャルプロトタイピングにはまた、ハードウェア内部の視覚化、ハードウェアとソフトウェアが緊密に結合した状態での性能と消費電力の解析、ファイルシステムの連携制御が可能になるというメリットもあります。 VPには、2つのモードがあります。機能モードはソフトウェアの統合、妥当性確認、デバッグに対応しており、性能モードは性能向上と消費電力削減を目指してソフトウェアを解析および最適化するモードです。機能モードのシミュレーション実行速度は数百MIPSで、リアルタイムの速度と同等か近い値になっています。性能モードのシミュレーション速度は機能モードに比べて2桁ほど遅くなります。Vista VPは機能モードと性能モードをユーザが実行時に「切り替える」ことができます。. See full list on mentorg. アルテラのArria-V SoC 2.

See full list on atmarkit. 仮想化にハードウェア アシストを使用すると、コードを変換する必要がなくなります。その結果、システム呼び出しやトラップを多用するワークロードが、ネイティブに近い速度で実行されます。. 物理的な1台のサーバー上で、複数の仮想的なサーバー(仮想サーバー)を運用することを「サーバーの仮想化」といいます。 サーバーの仮想化では、専用の仮想化ソフトウェアによって物理サーバー上のプロセッサ・メモリといったリソースを複数に分割し、仮想サーバーに割り当てて使います。1台の物理サーバー上に複数のサーバーを集約できるため、管理のコストや負荷が削減できるメリットがある一方で、デメリットも存在するため注意が必要です。自社の運用に合った方法を選ぶようにしましょう。. . Microsoft 以外のハードウェア仮想化ソフトウェアのサポートパートナー. ハードウェア仮想化ソフトウェアを実行する .

ハイパーバイザーは、コンピューターのオペレーティングシステムとアプリケーションを基礎となる物理ハードウェアから分離するプロセスです。 通常、ソフトウェアとして実行されるハイパーバイザーは仮想化の概念を推進し、物理ホストマシンがゲストとして複数の仮想マシンを動作させ. 世界で最も人気の高いオープンソースのクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェアであるOracle VM VirtualBoxをご利用いただけば、開発者は、単一のデバイス上で複数のオペレーティング・システムを実行することにより、コードをより速く生み出せます。. Oracle VM VirtualBox.

仮想化の方式: 説明: ホストos型 ホストosのミドルウェアとして仮想化ソフトが動作する。手軽に構築できるの最大のメリット。 ホストos経由でハードウェアの入出力処理を実行するため、オーバヘッドが大きい。. サーバー仮想化は利用する仮想化ソフトウェアによって、ホスト型・ハイパーバイザー型の2種類の手法に分類され、それぞれメリット・デメリットがあります。 この2種類の方式では、図に示したようにハードウェア・OS・アプリケーションの関係性が違っています。サーバー仮想化を行う場合は、この2種類の方法のメリット・デメリットを把握して希望に近い方を選ぶとよいでしょう。. 新しいカスペルスキーの仮想実行が時々話題になっていますが、仮に 実環境のパソコンにキーロガーが仕込まれている(本来はカスペルスキーが検知するはずですが)パソコンがあったとして、仮想実行でネットバンキング操作をしてもキーイン情報が漏洩することはないのでしょうか。. VMwareとは、仮想化ソフトウェア分野の世界的リーディングカンパニーであるVMware社(米国:VMware, Inc. ITに関わるさまざまなところで、「仮想化」という言葉を聞くようになりました。仮想化とは、ソフトウェアによって複数のハードウェアを統合し、自由なスペックでハードウェアを再現する技術で、限られた数量の物理リソース(CPU、メモリ、ハードディスク、ネットワーク等)を、実際の数量以上のリソース(論理リソース)が稼働しているかのように見せかけることです。仮想化されたハードウェアはソフトウェアによって自由に設計できるため、柔軟性の高いシステムを構築できます。 もちろん、仮想化されたハードウェアはそのシステムにある物理的なハードウェアのスペックを超えることはできません。たとえば、2GBのストレージが10台ある場合には、構築できる仮想化ストレージの最大容量は20GBということになり、その容量を自由に振り分けることができます(あくまで理論上です)。仮想化技術は進歩を重ね、現在ではコンピューティング、ストレージ、クライアントデスクトップ、さらにはネットワークまで仮想化することが可能になっています。 仮想化は、仮想化ソフトによって実現します。複数のハードウェアの上に仮想化ソフトをミドルウェアのように配置することで、ハードウェアをひとつのリソースと捉えて、仮想化ソフト上に仮想ハードウェアを自由に構築できます。仮想化ソリューションを提供している主なベンダーには、「VMware」を提供するVMware、「Hyper-V」を提供するマイクロソフト、「Xen」を提供するシトリックス、「Red Hat Enterprise Virtualization」を提供するRed Hatなどがあります。 仮想化の概念は古く、貴重で高価なものだったコンピュータシステムの共同利用手法として発展してきました。コンピュータやネットワークの性能が飛躍的に向上している現代においては、それらハードウェアの物理的能力を最大限に活用し、より多くのユーザーや業務で有効に活用するための手法として、仮想化への注目度は増しています。 さらには、仮想化によって、コンピュータシステム拡張の無駄を抑制でき、既存システム(サーバー等)の統合・集約を図ることができます。これによって省資源・省コスト・省エネ化が可能になり、セキュリティの向上も実現できるなど、仮想化はコンピュータシステム運用における重要なキーワードとなっています。. 仮想化ソフトウェアが介在することによって、物理サーバーと比較するとオーバーヘッドが生まれ性能が低くなります。. jpデジタル用語辞典 - ハードウェア仮想化の用語解説 - コンピューターや周辺機器を、コンピューター上でソフトウェア的に再現し、あたかもそこにあるかのように見せかける手法。コンピューターを仮想化する場合、まったく異なるアーキテクチャ(設計)のコンピューター上に.

仮想化ネットワーク機能(vnf)は、カスタムハードウェアアプライアンスではなく、標準の大容量サーバー、スイッチ、ストレージデバイス、さらにはクラウドコンピューティングインフラストラクチャ上で、さまざまなソフトウェアとプロセスを実行する1. 897615 マイクロソフト以外のハードウェア仮想化ソフトウェアでマイクロソフトのソフトウェアを実行する場合のサポート ポリシー. ルネサスは今回、仮想化時のオーバーヘッドを大幅に低減 (注1) し応答性能を高めることが可能なハードウェアによる仮想化支援機構を開発しました。これにより、異なる機能安全レベルのソフトウェアを独立して複数搭載することが可能になり、仮想化. ARMのCortex-A7/Cortex-A9/Cortex-A15プロセッサ用のVersatile Express開発プラットフォーム 3.

効率性: 仮想化は、1台のマシンを複数台のマシンとして動作させることを可能にします。これにより、必要なサーバーの台数を減らすだけでなく、ユーザーは現在保有しているサーバーから最大のキャパシティを引き出すことが可能となります。このような効率性に関するメリットは、ハードウェア、冷却、メンテナンスに関するコスト削減につながります。また、言うまでもなく、二酸化炭素排出量を減らすという環境面のメリットもあります。 また、仮想化を導入すると、ユーザーは複数の種類のアプリケーション、デスクトップ、オペレーティングシステムを同一マシン上で実行できるようになり、それらをベンダー別に独立したサーバー上で実行する必要がなくなります。この結果、お客様は特定のベンダーに依存することから解放されます。また、ITリソースの管理を簡素化できるため、ITチームの生産性を高めることができます。 信頼性: 仮想化技術を使うと、お客様は、既存のサーバーの仮想マシンのスナップショットを利用することで、データのバックアップと復元が簡単に行えるようになります。また、すべてのデータを最新に保つために、このようなバックアップ処理を自動化することも簡単に行えます。緊急事態が発生し、バックアップ用の仮想マシンを使って復元を行う必要がある場合、この仮想マシンを新しい場所へと移行することが、わずか数分で実施できます。この結果、災害や損失からの回復が容易になるため、信頼性を高めビジネス継続性を実現できます。 ビジネス戦略: 仮想化ソフトウェアを使うことで、企業や組織は、リソースのテストや割り当てがより柔軟に行えるようになります。仮想マシンのバックアップと復元が簡単に行えるため、ITチームは、新しいテクノロジーを使ったテストや実験を簡単に行えるようになります。また、仮想化を利用すると、仮想マシンリソースを組織の共有プールへと割り当てることにより、クラウド戦略を構築できます。このようなクラウドベースのインフラストラクチャを使うと、IT部門は、誰がどのリソースにどんなデバイスからアクセスするかを制御できるようになるため、セキュリティと柔軟性を向上できます。. オープンソースの仮想化ソフトウェア「XCP-ng」を管理するXen Projectと、「Xen」ブランドの仮想化ソフトウェアを提供してきたCitrix Systems。両社の.

/9659e391d6 /223489173 /001fd7f3737e2/177 /167-d17d04c7